ラッキーな日々

望んでも望んでも、叶わないから望み続ける

サーバー サーバー移転 ミックスホスト

wpX(ダブリューピーエックス)へサーバー移転した。(MixhostのWordPress移転代行サービスは注意!)

投稿日:2017年9月25日 更新日:

Pocket

MixhostのWordPress移転代行サービスとSSLオプション移転がひどかったのでwpX(ダブリューピーエックス)へ移転

Mixhostの評判がすごく良かったので、決して安くないWordPress移転代行サービスとSSLオプション移転(下記)を申し込んで移転したらひどい目にあったので、今度は、自分でwpX(ダブリューピーエックス)へサーバー移転しました。
WordPress移転代行サービス  9,980円
WordPress移転代行サービス SSLオプション  3,980円
——————————————————
小計: 13,960円
8.00% 消費税: 1,117円
mixポイント残高: 0
合計: 15,077円

Mixhost WordPress移転代行サービスとSSLオプション移転サービスのひどかったところ

  1. 移転日当日に移転が完了しないし、連絡もない。
  2. 移転当日は、深夜までDBの作成や削除、転送エラーのメールが多量に送られてきた。
  3. 移転完了メール到着後に、DBを確認すると意味不明な作業途中のDBが残ったまま。
  4. 移転後のサイトがほとんどのページに文字化けがある。(titleやDescriptionにも文字化けがあり検索順位に影響した。)
  5. とにかくサポートの返信が遅く回答の質が悪い。(3営業日以内に回答するということらしい。サーバー移転代行サービスで移行後サイトにトラブルが出ていても同じ対応。)

今後、WordPress移転代行サービス SSLオプションの利用を考えている人がいるとしたら、慎重に検討したほうが良いと思います。

自分でやらないと何が悪かったのか原因が不明のままになってしまい、トラブル情報を隠蔽されるとそのまま使用せざるを得ない。

Mixhost自体は素晴らしく速いのは確かでした

右側で急にダウンロード時間が低くなっているのがサーバー移転日。

wpX(ダブリューピーエックス)へサーバー移転

Mixhostへサイトを順次移転するつもりでしたが、WordPress移転代行サービスでひどい目にあったので、次のサイトはwpX(ダブリューピーエックス)へ移転しました。

移転環境

以降前レンタルサーバー ロリポップ 、ムームードメインで取得した独自ドメイン使用。

独自SSLは、ロリポップで独自SSL(PRO)クイック認証SSLで契約して使用。

移転は、All-in-One WP Migrationプラグイン使用で、手順は、WordPressの引っ越し・移転プラグイン3選比較、おすすめはどれ?WORDPRESSのお引っ越しプラグインはALL-IN-ONE WP MIGRATIONが最強のサイトの通り作業しました。

wpX(ダブリューピーエックス)へのサーバー移転作業は、問題なく完了しました。

 

wpX(ダブリューピーエックス)使用時の留意点

wpX(ダブリューピーエックス)は、ワードプレス使用に特化したサーバーです。

移転前の独自ドメインで使用しているメールアドレスがあれば、使用を中止するか、他のサービスを使用する必要があります。

今回は、ムームードメインで取得した独自ドメインを使っていたので、下記メールサービスを利用予定。

 

ムームードメイン

MXレコードの書き換えで対応している人もいるようです。

ふわふわぎりぎり wpXクラウドに移転後もメールを使いたい

 

wpXレンタルサーバーの場合はWEBメールが使えます

webメール

wpX(ダブリューピーエックス)への移行手順

前準備にしたこと

メールの整理。(とりあえず独自ドメインのメールアドレスは使用しないようにした。)

htaccessファイルのダウンロード。(移行後の確認のため)

契約中のロリポップへログインし、ユーザー設定>アカウント情報>ロリポップ!のドメインを記録しておく。
※使用中の独自ドメインのDNSアドレスを変更すると、独自ドメインでのログインはできなくなります。ロリポップ!のドメインでログインします。

※SiteGuard WP Pluginプラグインを使っていたので停止。移転後に作業をやりやすくするため。

All-in-One WP Migrationプラグインのインストールと有効化

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>キーワードにAll-in-One WP Migrationを入力してインストールし有効化

有効化が完了するとダッシュボードに、以下が現れました。

旧サイトデーターのエクスポート

エクスポートでエクスポート先にファイルを選んで、エクスポートを実行。

エクスポートが完了。ダウンロード実行。

独自ドメイン名-日付-××××××-×××.wpressというファイルがダウンロードされました。

※この作業は、1回目にダウンロードしたファイルサイズが大きすぎて、新サイトでインポートできなかったので2回行いました。

2回目は、WORDPRESSのお引っ越しプラグインはALL-IN-ONE WP MIGRATIONが最強のサイトの通り、高度なオプションをクリックしメニューを展開して

メディアライブラリをエクスポートしない (ファイル)にチェックをいれてエクスポートしました。

※最終的にメディアファイル /wpcontents/uploads配下のファイルは、FTPでダウンロード=>新サーバーへアップロードしました。

wpX(ダブリューピーエックス)の無料使用期間へ申し込み


14日間無料だったのでうまくいかなっかったらそのままのつもりで無料お試し申し込みしました。

WPXメニュー

あとは、wpX(ダブリューピーエックス)の手順に従い、wordpress設定からwordpressをインストール。ドメイン追加設定から、使用中の独自ドメインを追加。

パソコン上での作業

Crom拡張プラグインのWebsite IPのインストール

確認のためCrom拡張プラグインのWebsite IP をインストール。以降IPアドレスを確認しながら作業する。
サーバー移転に役立つ無料ツールと情報を参照。)

パソコンのhostsファイルを変更

メモ帳アイコンを右クリックし管理者権限でHostsファイルを変更。

サーバー情報に、サーバーのIPアドレスが表示されているので、自分のパソコンの\Windows\System32\drivers\etc\

Hostsファイルの最後に、

サーバーIPアドレス 独自ドメインの行を追加する。

これで、http://独自ドメイン/wp-adminで、wpX(ダブリューピーエックス)上のサイトへログインできます。

※ログイン画面がwpX(ダブリューピーエックス)のサーバーアドレスになっていることを確認。

wpX(ダブリューピーエックス)上のワードプレスでの作業

ログインしてAll-in-One WP Migrationインストールして有効化

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>キーワードにAll-in-One WP Migrationを入力してインストールし有効化

有効化が完了するとダッシュボードに、以下が現れます。

旧サイトデーターのインポート

インポートで先ほどエクスポートしたファイルを選んで、インポートを実行。

インポートが完了。

※1回目のインポートはサイズが大きすぎてインポートエラーになりました。

インポート完了したファイルは、メディアファイルを除いて2回目にエクスポートしたデーターです。

メディアファイルをFTPでwpX(ダブリューピーエックス)へアップロードする。

Really Simple SSLプラグインの有効化

ダッシュボード>プラグイン>Really Simple SSLを有効化

ムームードメインのDNSアドレスの変更

ムームードメインにログインした後、ドメイン一覧から変更するドメインを選んで、変更します。

ネームサーバー

wpX(ダブリューピーエックス)のネームサーバーは、以下になります。

wpX(ダブリューピーエックス)の独自SSLを有効化します。

WordPress設定>セキュリティ設定からできます。
wpX(ダブリューピーエックス)SSL

この状態のサイト状況

ロリポップに独自ドメインでログインできません。(記録しておいたロリポップアカウントを使います。)

ムームードメインのDNSサーバーを変更しましたが、ネット上のDNSサーバーの書き換えは順次行われますので、ネット上からは、旧サーバーと新サーバーが同時に見えています。

新サーバーにSSL証明書サイトシールを表示している場合は、見えなくなります。

パソコンのhostsファイルを元に戻す

メモ帳アイコンを右クリックし管理者権限でHostsファイルを変更。

サーバー情報に、サーバーのIPアドレスが表示されているので、自分のパソコンの\Windows\System32\drivers\etc\

Hostsファイルの最後に、追加したサーバーIPアドレス 独自ドメインの行を削除する。

※wpX(ダブリューピーエックス)新サイトで必要な作業を行う。(私の場合は、SiteGuard WP Pluginプラグインを停止しておいたので有効化しました。)

ネット上のDNSサーバーが書き換わるのを待つ

ネット上のDNSサーバーの書き換えは、48時間ほどで完了した様でした。

余裕ができたら、サーバー移転に役立つ無料ツールと情報で、Whois情報が書き換わっている確認やSSLチェックでSSL証明書がwpX(ダブリューピーエックス)独自ドメインのものであることなどを確認。

コマンドプロンプト画面で、nslookup 独自ドメイン名 ネームサーバーIPを入力し、ネット上のネームサーバーが書き換わっていくのを確認できます。

DNSサーバーのIPアドレスは、ハルパス > ネットワーク > ドメイン > 無料で安全なDNSサービスの一覧を見させていただきました。

※アナリティスクやサーチコンソールはそのまま。

サーバー移転作業が終わった

これでサーバー移転作業はトラブルもなく終わりました。

Mixhostへの移転も、WordPress移転代行サービス SSLオプション を使わずにちゃんと調べてから自分で作業すればよかったと思っています。

Mixhost自体は素晴らしく速いです。しかし、WordPress移転代行サービス SSLオプション がとても雑で無責任な感じがしたのでどれくらいの作業なのか自分でやってみました。

このページは備忘録として記載しました。
ラッキー
以上は、あくまでも私とラッキーの私的な感想です。 ナ...

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

サイト移転ならこのプラグイン使えばうまくいきそうAll-in-One WP Migration

Mixhost WordPress移転代行サービスとSSL化済みのサイトの移転サービス利用した MixhostのWordPress移転代行サービスとSSL化済みのサイトの移転サービス利用して、サーバー …

いったい自分はどことつながっているんだろう

一体自分はどことつながっているんだろう Mixhostのデータ移転サービスを利用してデーターを移転している関係上、ネット上のDNSにIPの変更が浸透するまで、しばらくの間、同じURLでも接続先サーバー …

クイッカレンタルサーバーがドメイン無料

クイッカレンタルサーバーがドメイン無料~4月13日まで クイッカレンタルサーバーが期間限定4月6日~4月13日まで、”お好きなドメイン 初年度無料プレゼント!! 1年ご契約でかならず”というキャンペー …

こころの準備ができない内に返事が来た

勢いで申し込んだものの 寝ログさんの記事を読んで、勢いで申し込んだものの、こころの準備ができない内に請求書と申込みメールが来て、あたふたと返信しました。 請求書はこちら...(-“-;A …

トラブルが続く中でやって来た2BAYデュプリケーター

Mixhostへの移転からトラブル続きの毎日 MixhostのWordPress移転代行サービス SSLオプションを有料で頼んで移転してもらったサイトが文字化けしていて、修正作業が大変。 これで2日間 …

調べよう

ありがとう

【プロフィール】
はじめまして EveryDayisaGoodDayです。日本語に直すと日々是好日となります。
個人事業者として在宅でホームページ制作と運用管理に取り組んでいます。
mail : gebabode@neko2.net
物忘れがひどいので、このブログは私的な備忘録です。
さっきやったことも忘れるのでブログ自体も迷走中。
迷走しすぎて仮想通貨やICO情報も発信中。

ペットのおうち

鍵開け 鍵修理 24時間 緊急対応
24時間対応鍵トラブル緊急サービスの全国展開おなじみのマルチ救急24岡山市鍵トラブル修理サービスホームページがリニューアル。

岡山市で、お住い 金庫 バイク 原付の鍵トラブルに緊急対応。

  • 鍵をなくしてドアが開けられない。
  • 鍵穴の不具合で鍵が回らない。
  • 鍵が折れた

鍵のトラブルでお困りならお気軽にお問合せ下さい。





現在ステージ2販売中のファウンテンコネクトですが、500万ドルに到達し、16%ボーナスゾーンに入りました。
次は700万ドル突破で20%ボーナスゾーンに突入です。

深夜の突然の水漏れやトイレのつまりに困ったことは、ありませんか?

全国24時間対応で水漏れ修理 トイレつまりに深夜でも緊急に出動してくれる水道修理サービスがあります。

水漏れ 排水つまりでお困りならこちらの安心の水道修理サービスをご利用してみてください。